コペルニシウム

コペルニシウム (Cn)

原子番号112の元素
原子番号112
原子量285
質量数276
12
周期7
ブロックd
陽子112 p+
中性子164 n0
電子112 e-
Animated ボーアの原子模型 of Cn (コペルニシウム)

物性

原子半径
モル体積
共有結合半径
122 pm
Metallic Radius
イオン半径
Crystal Radius
ファンデルワールス半径
密度

化学的性質

エネルギー
プロトン親和力
電子親和力
イオン化エネルギー
蒸発熱
融解熱
生成熱
電子
電子殻2, 8, 18, 32, 32, 18, 2
ボーアの原子模型: Cn (コペルニシウム)
価電子2
ルイス構造式: Cn (コペルニシウム)
電子配置[Rn] 5f14 6d10 7s2
1s2 2s2 2p6 3s2 3p6 4s2 3d10 4p6 5s2 4d10 5p6 6s2 4f14 5d10 6p6 5f14 6d10 7s2
Enhanced ボーアの原子模型 of Cn (コペルニシウム)
Orbital Diagram of Cn (コペルニシウム)
酸化数2
電気陰性度
Electrophilicity Index
fundamental state of matter
三態液体
気相
沸点
融点
critical pressure
臨界温度
三重点
見た目
無色
見た目
屈折率
材料特性
熱伝導率
熱膨張
molar heat capacity
熱容量
比熱比
electrical properties
type
電気伝導率
電気抵抗率
超伝導
磁性
type
磁化率 (Mass)
磁化率 (Molar)
磁化率 (Volume)
磁気秩序
キュリー温度
ネール温度
構造
結晶構造 ()
格子定数
Lattice Angles
材料の機械的性質
硬さ
圧縮率
剛性率
ヤング率
ポアソン比
音速
分類
カテゴリ遷移元素, Transition metals
CAS GroupIIB
IUPAC GroupIIB
Glawe Number
Mendeleev Number80
Pettifor Number
Geochemical Class
Goldschmidt classificationsynthetic

それ以外

Gas Basicity
分極率
28 ± 2 a₀
C6 Dispersion Coefficient
allotrope
反応断面積
Neutron Mass Absorption
量子数1S0
空間群 ()

コペルニシウムの同位体

安定同位体0
不安定同位体13
Natural Isotopes0

276Cn

質量数276
中性子数164
relative atomic mass
276.161418 ± 0.000537 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)
SF (spontaneous fission)

277Cn

質量数277
中性子数165
relative atomic mass
277.163535 ± 0.000165 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
790 ± 330 us
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1996
パリティ

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%

278Cn

質量数278
中性子数166
relative atomic mass
278.164083 ± 0.00047 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)
SF (spontaneous fission)

279Cn

質量数279
中性子数167
relative atomic mass
279.166422 ± 0.000424 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ

崩壊モード放射発散度
α (α emission)
SF (spontaneous fission)

280Cn

質量数280
中性子数168
relative atomic mass
280.167102 ± 0.000626 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)
SF (spontaneous fission)

281Cn

質量数281
中性子数169
relative atomic mass
281.169563 ± 0.000427 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
180 ± 80 ms
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2010
パリティ

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%
SF (spontaneous fission)

282Cn

質量数282
中性子数170
relative atomic mass
282.170507 ± 0.000588 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
1.1 ± 0.3 ms
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日2004
パリティ+

崩壊モード放射発散度
SF (spontaneous fission)100%
α (α emission)

283Cn

質量数283
中性子数171
relative atomic mass
283.173202 ± 0.00066 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
4.7 ± 0.8 s
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2004
パリティ

崩壊モード放射発散度
α (α emission)81%
SF (spontaneous fission)19%

284Cn

質量数284
中性子数172
relative atomic mass
284.17436 ± 0.000819 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
102 ± 17 ms
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日2004
パリティ+

崩壊モード放射発散度
SF (spontaneous fission)100%

285Cn

質量数285
中性子数173
relative atomic mass
285.177227 ± 0.000544 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
30 ± 8 s
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2004
パリティ

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%

286Cn

質量数286
中性子数174
relative atomic mass
286.178691 ± 0.000751 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
30 ± 30 s
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日2016
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%
SF (spontaneous fission)

287Cn

質量数287
中性子数175
relative atomic mass
287.181826 ± 0.000751 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ

崩壊モード放射発散度
α (α emission)
SF (spontaneous fission)

288Cn

質量数288
中性子数176
relative atomic mass
288.183501 ± 0.000751 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)
SF (spontaneous fission)
Elektronskal 112

歴史

発見者または発明者GSI Helmholtz Centre for Heavy Ion Research
発見場所Germany
発見日または発明日1996
語源Named in honor of the astronomer Nicolaus Copernicus.
発音

起源

天然存在比
地殻中における存在比
天然存在比 (海洋)
天然存在比 (人体)
0 %
天然存在比 (流星物質)
0 %
天然存在比 (太陽)
0 %
宇宙空間における存在比
0 %

Nuclear Screening Constants