メンデレビウム

メンデレビウム (Md)

原子番号101の元素
原子番号101
原子量258
質量数244
周期7
ブロックf
陽子101 p+
中性子143 n0
電子101 e-
Animated ボーアの原子模型 of Md (メンデレビウム)

物性

原子半径
モル体積
共有結合半径
173 pm
Metallic Radius
イオン半径
109.5 pm
Crystal Radius
123.5 pm
ファンデルワールス半径
246 pm
密度
10.3 g/cm³

化学的性質

エネルギー
プロトン親和力
電子親和力
イオン化エネルギー
イオン化エネルギー of Md (メンデレビウム)
蒸発熱
融解熱
生成熱
電子
電子殻2, 8, 18, 32, 31, 8, 2
ボーアの原子模型: Md (メンデレビウム)
価電子2
ルイス構造式: Md (メンデレビウム)
電子配置[Rn] 5f13 7s2
1s2 2s2 2p6 3s2 3p6 4s2 3d10 4p6 5s2 4d10 5p6 6s2 4f14 5d10 6p6 5f13 7s2
Enhanced ボーアの原子模型 of Md (メンデレビウム)
Orbital Diagram of Md (メンデレビウム)
酸化数2, 3
電気陰性度
Electrophilicity Index
fundamental state of matter
三態固体
気相
沸点
融点
1,100.15 K
critical pressure
臨界温度
三重点
見た目
無色
見た目
屈折率
材料特性
熱伝導率
熱膨張
molar heat capacity
熱容量
比熱比
electrical properties
type
電気伝導率
電気抵抗率
超伝導
磁性
type
磁化率 (Mass)
磁化率 (Molar)
磁化率 (Volume)
磁気秩序
キュリー温度
ネール温度
構造
結晶構造 ()
格子定数
Lattice Angles
材料の機械的性質
硬さ
圧縮率
剛性率
ヤング率
ポアソン比
音速
分類
カテゴリアクチノイド, Actinides
CAS Group
IUPAC Group
Glawe Number45
Mendeleev Number38
Pettifor Number36
Geochemical Class
Goldschmidt classificationsynthetic

それ以外

Gas Basicity
分極率
109 ± 20 a₀
C6 Dispersion Coefficient
allotrope
反応断面積
Neutron Mass Absorption
量子数2F7/2
空間群 ()

メンデレビウムの同位体

安定同位体0
不安定同位体19
Natural Isotopes0

244Md

質量数244
中性子数143
relative atomic mass
244.081157 ± 0.000402 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
0.36 ± 0.14 s
スピン角運動量3
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2020
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)
β+ SF (β+-delayed fission)14%

245Md

質量数245
中性子数144
relative atomic mass
245.080864 ± 0.000279 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
0.38 ± 0.1 s
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1996
パリティ-

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)

246Md

質量数246
中性子数145
relative atomic mass
246.081713 ± 0.000279 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
0.92 ± 0.18 s
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1996
パリティ-

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%

247Md

質量数247
中性子数146
relative atomic mass
247.08152 ± 0.000223 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
1.19 ± 0.09 s
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1981
パリティ-

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%
SF (spontaneous fission)0.1%

248Md

質量数248
中性子数147
relative atomic mass
248.082607 ± 0.000198 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
7 ± 3 s
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1973
パリティ

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)80%
α (α emission)20%
β+ SF (β+-delayed fission)0.05%

249Md

質量数249
中性子数148
relative atomic mass
249.082857155 ± 0.000176516 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
25.6 ± 0.9 s
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1973
パリティ-

崩壊モード放射発散度
α (α emission)75%
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)

250Md

質量数250
中性子数149
relative atomic mass
250.084164934 ± 0.000097606 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
54 ± 4 s
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1973
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)93%
α (α emission)7%
β+ SF (β+-delayed fission)0.026%

251Md

質量数251
中性子数150
relative atomic mass
251.084774287 ± 0.00002031 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
4.21 ± 0.23 m
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1973
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)
α (α emission)10%

252Md

質量数252
中性子数151
relative atomic mass
252.086385 ± 0.000098 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.3 ± 0.8 m
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1973
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
α (α emission)

253Md

質量数253
中性子数152
relative atomic mass
253.087143 ± 0.000034 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
12 ± 8 m
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1992
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
α (α emission)0.7%

254Md

質量数254
中性子数153
relative atomic mass
254.08959 ± 0.000107 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
10 ± 3 m
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1970
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
α (α emission)

255Md

質量数255
中性子数154
relative atomic mass
255.091081702 ± 0.000005976 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
27 ± 2 m
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1958
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)93%
α (α emission)7%
SF (spontaneous fission)

256Md

質量数256
中性子数155
relative atomic mass
256.093888 ± 0.000133 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
77.7 ± 1.8 m
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1955
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)90.8%
α (α emission)9.2%
SF (spontaneous fission)3%

257Md

質量数257
中性子数156
relative atomic mass
257.095537343 ± 0.000001683 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
5.52 ± 0.05 h
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1965
パリティ-

崩壊モード放射発散度
ϵ (electron capture)85%
α (α emission)15%
SF (spontaneous fission)

258Md

質量数258
中性子数157
relative atomic mass
258.098433634 ± 0.000003729 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
51.59 ± 0.29 d
スピン角運動量8
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1970
パリティ-

崩壊モード放射発散度
α (α emission)100%
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)0.0015%
β (β decay)0.0015%

259Md

質量数259
中性子数158
relative atomic mass
259.100445 ± 0.000108 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
1.6 ± 0.06 h
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1982
パリティ-

崩壊モード放射発散度
SF (spontaneous fission)100%
α (α emission)

260Md

質量数260
中性子数159
relative atomic mass
260.10365 ± 0.000339 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
27.8 ± 0.8 d
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1989
パリティ

崩壊モード放射発散度
SF (spontaneous fission)100%
α (α emission)5%
ϵ (electron capture)5%
β (β decay)3.5%

261Md

質量数261
中性子数160
relative atomic mass
261.105828 ± 0.000546 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ-

崩壊モード放射発散度
α (α emission)

262Md

質量数262
中性子数161
relative atomic mass
262.109144 ± 0.000481 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ

崩壊モード放射発散度
SF (spontaneous fission)
α (α emission)
Electron shell 101 Mendelevium

歴史

発見者または発明者G.T.Seaborg, S.G.Tompson, A.Ghiorso, K.Street Jr.
発見場所United States
発見日または発明日1955
語源Named in honor of the scientist Dmitri Ivanovitch Mendeleyev, who devised the periodic table.
発音men-deh-LEE-vi-em (英語)

起源

天然存在比
地殻中における存在比
天然存在比 (海洋)
天然存在比 (人体)
0 %
天然存在比 (流星物質)
0 %
天然存在比 (太陽)
0 %
宇宙空間における存在比
0 %

Nuclear Screening Constants