塩素

塩素 (Cl)

原子番号17の元素
原子番号17
原子量35.45
質量数35
17
周期3
ブロックp
陽子17 p+
中性子18 n0
電子17 e-
Animated ボーアの原子模型 of Cl (塩素)

物性

原子半径
100 pm
モル体積
共有結合半径
99 pm
Metallic Radius
イオン半径
181 pm
Crystal Radius
167 pm
ファンデルワールス半径
175 pm
密度
0.002898 g/cm³
化学元素の原子半径: 塩素0102030405060708090100110120130140150160170180pm原子半径共有結合半径Metallic Radiusファンデルワールス半径

化学的性質

エネルギー
プロトン親和力
513.6 kJ/mol
電子親和力
3.612725 eV/particle
イオン化エネルギー
12.96763 eV/particle
イオン化エネルギー of Cl (塩素)
蒸発熱
20.41 kJ/mol
融解熱
6.41 kJ/mol
生成熱
121.302 kJ/mol
電子
電子殻2, 8, 7
ボーアの原子模型: Cl (塩素)
価電子7
ルイス構造式: Cl (塩素)
電子配置[Ne] 3s2 3p5
1s2 2s2 2p6 3s2 3p5
Enhanced ボーアの原子模型 of Cl (塩素)
Orbital Diagram of Cl (塩素)
酸化数-1, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
電気陰性度
3.16
Electrophilicity Index
3.673315922583194 eV/particle
fundamental state of matter
三態気体
気相Diatomic
沸点
239.11 K
融点
171.65 K
critical pressure
7.991 MPa
臨界温度
417.05 K
三重点
見た目
黄色
見た目pale yellow-green gas
屈折率
1.000773
材料特性
熱伝導率
0.009 W/(m K)
熱膨張
molar heat capacity
33.949 J/(mol K)
熱容量
0.479 J/(g⋅K)
比熱比7/5
electrical properties
typeInsulator
電気伝導率
0.00000001 MS/m
電気抵抗率
100 m Ω
超伝導
磁性
typediamagnetic
磁化率 (Mass)
-0.0000000072 m³/Kg
磁化率 (Molar)
-0.000000000511 m³/mol
磁化率 (Volume)
-0.0000000231
磁気秩序
キュリー温度
ネール温度
構造
結晶構造底心 斜方晶系 (ORC)
格子定数
6.24 Å
Lattice Anglesπ/2, π/2, π/2
材料の機械的性質
硬さ
圧縮率
1.1 GPa
剛性率
ヤング率
ポアソン比
音速
206 m/s
分類
カテゴリハロゲン, Halogens
CAS GroupVIIB
IUPAC GroupVIIA
Glawe Number101
Mendeleev Number107
Pettifor Number99
Geochemical Classsemi-volatile
Goldschmidt classificationlitophile

それ以外

Gas Basicity
490.1 kJ/mol
分極率
14.6 ± 0.1 a₀
C6 Dispersion Coefficient
94.6 a₀
allotropeDichlorine
反応断面積
35.3
Neutron Mass Absorption
0.033
量子数2P3/2
空間群64 (Cmca)

塩素の同位体

安定同位体2
不安定同位体23
Natural Isotopes2
Isotopic Composition3575.80%3575.80%3724.20%3724.20%

28Cl

質量数28
中性子数11
relative atomic mass
28.030349 ± 0.000537 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2018
パリティ+

崩壊モード放射発散度
p (proton emission)100%

29Cl

質量数29
中性子数12
relative atomic mass
29.015053 ± 0.000203 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
5.4 ± 1.9 zs
スピン角運動量1/2
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1993
パリティ+

崩壊モード放射発散度
p (proton emission)100%

30Cl

質量数30
中性子数13
relative atomic mass
30.005018333 ± 0.000025631 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量3
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2018
パリティ+

崩壊モード放射発散度
p (proton emission)100%

31Cl

質量数31
中性子数14
relative atomic mass
30.992448097 ± 0.0000037 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
190 ± 1 ms
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
β+ p (β+-delayed proton emission)2.4%

32Cl

質量数32
中性子数15
relative atomic mass
31.985684605 ± 0.000000603 Da
g因子
1.115 ± 0.006
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
298 ± 1 ms
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1953
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
β+α (β+-delayed α emission)0.054%
β+ p (β+-delayed proton emission)0.026%

33Cl

質量数33
中性子数16
relative atomic mass
32.977451988 ± 0.000000419 Da
g因子
0.50313333333333 ± 0.0002
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.5038 ± 0.0022 s
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1940
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

34Cl

質量数34
中性子数17
relative atomic mass
33.97376249 ± 0.000000052 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
1.5267 ± 0.0004 s
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1934
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

35Cl

質量数35
中性子数18
relative atomic mass
34.968852694 ± 0.000000038 Da
g因子
0.5478 ± 0.000013333333333333
天然存在比
75.8 ± 0.2
放射能安定同位体
半減期Not Radioactive ☢️
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
-0.0817 ± 0.0008
発見日または発明日1919
パリティ+

36Cl

質量数36
中性子数19
relative atomic mass
35.968306822 ± 0.000000038 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
301.3 ± 1.5 ky
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
-0.178 ± 0.004
発見日または発明日1941
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)98.1%
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)1.9%

37Cl

質量数37
中性子数20
relative atomic mass
36.965902573 ± 0.000000055 Da
g因子
0.456 ± 0.0000066666666666667
天然存在比
24.2 ± 0.2
放射能安定同位体
半減期Not Radioactive ☢️
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
-0.0644 ± 0.0006
発見日または発明日1919
パリティ+

38Cl

質量数38
中性子数21
relative atomic mass
37.968010408 ± 0.000000105 Da
g因子
1.025 ± 0.01
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
37.23 ± 0.014 m
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1940
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

39Cl

質量数39
中性子数22
relative atomic mass
38.968008151 ± 0.000001859 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
56.2 ± 0.6 m
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1949
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

40Cl

質量数40
中性子数23
relative atomic mass
39.970415466 ± 0.000034423 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
1.35 ± 0.03 m
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1956
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

41Cl

質量数41
中性子数24
relative atomic mass
40.970684525 ± 0.000073777 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
38.4 ± 0.8 s
スピン角運動量1/2
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1971
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

42Cl

質量数42
中性子数25
relative atomic mass
41.973342 ± 0.000064 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
6.8 ± 0.3 s
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1971
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)

43Cl

質量数43
中性子数26
relative atomic mass
42.9740637 ± 0.000066407 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
3.13 ± 0.09 s
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1976
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)

44Cl

質量数44
中性子数27
relative atomic mass
43.978014918 ± 0.000091859 Da
g因子
0.2749 ± 0.0002
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
562 ± 106 ms
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1979
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)8%

45Cl

質量数45
中性子数28
relative atomic mass
44.980394353 ± 0.000146177 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
413 ± 25 ms
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1979
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)24%

46Cl

質量数46
中性子数29
relative atomic mass
45.985254926 ± 0.0001044 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
232 ± 2 ms
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1989
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)60%
2n (2-neutron emission)

47Cl

質量数47
中性子数30
relative atomic mass
46.989715 ± 0.000215 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
101 ± 5 ms
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1989
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)3%
2n (2-neutron emission)

48Cl

質量数48
中性子数31
relative atomic mass
47.995405 ± 0.000537 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1989
パリティ

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

49Cl

質量数49
中性子数32
relative atomic mass
49.000794 ± 0.000429 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1989
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

50Cl

質量数50
中性子数33
relative atomic mass
50.008266 ± 0.000429 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2009
パリティ

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

51Cl

質量数51
中性子数34
relative atomic mass
51.015341 ± 0.000751 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1990
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

52Cl

質量数52
中性子数35
relative atomic mass
52.024004 ± 0.000751 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2018
パリティ

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)
Chlorine liquid in an ampoule

歴史

発見者または発明者Carl Wilhelm Scheele
発見場所Sweden
発見日または発明日1774
語源Greek: chlôros (greenish yellow).
発音KLOR-een (英語)

起源

天然存在比
地殻中における存在比
145 mg/kg
天然存在比 (海洋)
19,400 mg/L
天然存在比 (人体)
0.12 %
天然存在比 (流星物質)
0.037 %
天然存在比 (太陽)
0.0008 %
宇宙空間における存在比
0.0001 %

Nuclear Screening Constants

1s0.4761
2p4.0068
2s5.5696
3p10.8839
3s9.9317