マグネシウム

マグネシウム (Mg)

原子番号12の元素
原子番号12
原子量24.305
質量数24
2
周期3
ブロックs
陽子12 p+
中性子12 n0
電子12 e-
Animated ボーアの原子模型 of Mg (マグネシウム)

物性

原子半径
150 pm
モル体積
共有結合半径
139 pm
Metallic Radius
136 pm
イオン半径
57 pm
Crystal Radius
71 pm
ファンデルワールス半径
173 pm
密度
1.74 g/cm³
化学元素の原子半径: マグネシウム0102030405060708090100110120130140150160170180pm原子半径共有結合半径Metallic Radiusファンデルワールス半径

化学的性質

エネルギー
プロトン親和力
819.6 kJ/mol
電子親和力
イオン化エネルギー
7.646235 eV/particle
イオン化エネルギー of Mg (マグネシウム)
蒸発熱
131.8 kJ/mol
融解熱
9.2 kJ/mol
生成熱
147.1 kJ/mol
電子
電子殻2, 8, 2
ボーアの原子模型: Mg (マグネシウム)
価電子2
ルイス構造式: Mg (マグネシウム)
電子配置[Ne] 3s2
1s2 2s2 2p6 3s2
Enhanced ボーアの原子模型 of Mg (マグネシウム)
Orbital Diagram of Mg (マグネシウム)
酸化数0, 1, 2
電気陰性度
1.31
Electrophilicity Index
fundamental state of matter
三態固体
気相
沸点
1,363.15 K
融点
923.15 K
critical pressure
臨界温度
三重点
見た目
銀色
見た目shiny grey solid
屈折率
材料特性
熱伝導率
熱膨張
0.0000248 1/K
molar heat capacity
24.869 J/(mol K)
熱容量
1.023 J/(g⋅K)
比熱比
electrical properties
typeConductor
電気伝導率
23 MS/m
電気抵抗率
0.00000004399999999999 m Ω
超伝導
磁性
typeparamagnetic
磁化率 (Mass)
0.0000000069 m³/Kg
磁化率 (Molar)
0.000000000168 m³/mol
磁化率 (Volume)
0.000012
磁気秩序
キュリー温度
ネール温度
構造
結晶構造六方最密構造 (HEX)
格子定数
3.21 Å
Lattice Anglesπ/2, π/2, 2 π/3
材料の機械的性質
硬さ
2.5 MPa
圧縮率
45 GPa
剛性率
17 GPa
ヤング率
45 GPa
ポアソン比
0.29
音速
4,602 m/s
分類
カテゴリアルカリ土類金属, Alkaline earth metals
CAS GroupIIA
IUPAC GroupIIA
Glawe Number73
Mendeleev Number76
Pettifor Number73
Geochemical Classmajor
Goldschmidt classificationlitophile

それ以外

Gas Basicity
797.3 kJ/mol
分極率
71.2 ± 0.4 a₀
C6 Dispersion Coefficient
626 a₀
allotrope
反応断面積
0.063
Neutron Mass Absorption
0.0001
量子数1S0
空間群194 (P63/mmc)

マグネシウムの同位体

安定同位体3
不安定同位体20
Natural Isotopes3
Isotopic Composition2478.96%2478.96%2611.02%2611.02%2510.01%2510.01%

19Mg

質量数19
中性子数7
relative atomic mass
19.03417992 ± 0.000064413 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
5 ± 3 ps
スピン角運動量1/2
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日2007
パリティ-

崩壊モード放射発散度
2p (2-proton emission)100%

20Mg

質量数20
中性子数8
relative atomic mass
20.018763075 ± 0.000002 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
90.4 ± 0.5 ms
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1974
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
β+ p (β+-delayed proton emission)30.3%

21Mg

質量数21
中性子数9
relative atomic mass
21.011705764 ± 0.00000081 Da
g因子
-0.3932 ± 0.0028
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
120 ± 0.4 ms
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1963
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
β+ p (β+-delayed proton emission)20.1%
β+α (β+-delayed α emission)0.116%
B+pA0.016%

22Mg

質量数22
中性子数10
relative atomic mass
21.999570597 ± 0.00000017 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
3.8745 ± 0.0007 s
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1961
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

23Mg

質量数23
中性子数11
relative atomic mass
22.994123768 ± 0.000000034 Da
g因子
-0.35753333333333 ± 0.0002
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
11.3039 ± 0.0032 s
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
0.114 ± 0.003
発見日または発明日1939
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

24Mg

質量数24
中性子数12
relative atomic mass
23.985041689 ± 0.000000013 Da
g因子
0
天然存在比
78.965 ± 0.049
放射能安定同位体
半減期Not Radioactive ☢️
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1920
パリティ+

25Mg

質量数25
中性子数13
relative atomic mass
24.985836966 ± 0.00000005 Da
g因子
-0.342132 ± 0.000012
天然存在比
10.011 ± 0.013
放射能安定同位体
半減期Not Radioactive ☢️
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
0.199 ± 0.002
発見日または発明日1920
パリティ+

26Mg

質量数26
中性子数14
relative atomic mass
25.982592972 ± 0.000000031 Da
g因子
0
天然存在比
11.025 ± 0.038
放射能安定同位体
半減期Not Radioactive ☢️
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1920
パリティ+

27Mg

質量数27
中性子数15
relative atomic mass
26.984340647 ± 0.00000005 Da
g因子
-0.8212 ± 0.003
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
9.435 ± 0.027 m
スピン角運動量1/2
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1934
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

28Mg

質量数28
中性子数16
relative atomic mass
27.983875426 ± 0.00000028 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
20.915 ± 0.009 h
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1953
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

29Mg

質量数29
中性子数17
relative atomic mass
28.988607163 ± 0.000000369 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
1.3 ± 0.12 s
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
-0.16 ± 0.04
発見日または発明日1971
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

30Mg

質量数30
中性子数18
relative atomic mass
29.990465454 ± 0.00000139 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
317 ± 4 ms
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1971
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)0.06%

31Mg

質量数31
中性子数19
relative atomic mass
30.996648232 ± 0.0000033 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
270 ± 2 ms
スピン角運動量1/2
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)6.2%

32Mg

質量数32
中性子数20
relative atomic mass
31.999110138 ± 0.0000035 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
80.4 ± 0.4 ms
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)5.5%

33Mg

質量数33
中性子数21
relative atomic mass
33.005327862 ± 0.000002859 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
92 ± 1.2 ms
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
0.13 ± 0.09
発見日または発明日1979
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)14%
2n (2-neutron emission)

34Mg

質量数34
中性子数22
relative atomic mass
34.008935455 ± 0.0000074 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
44.9 ± 0.4 ms
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1979
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)21%
2n (2-neutron emission)0.1%

35Mg

質量数35
中性子数23
relative atomic mass
35.01679 ± 0.0002895 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
11.3 ± 0.6 ms
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1989
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)52%
2n (2-neutron emission)

36Mg

質量数36
中性子数24
relative atomic mass
36.021879 ± 0.000741 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
3.9 ± 1.3 ms
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1989
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)48%
2n (2-neutron emission)

37Mg

質量数37
中性子数25
relative atomic mass
37.030286265 ± 0.00075035 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
8 ± 4 ms
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1996
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

38Mg

質量数38
中性子数26
relative atomic mass
38.03658 ± 0.00054 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1997
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

39Mg

質量数39
中性子数27
relative atomic mass
39.045921 ± 0.000551 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ-

崩壊モード放射発散度
n (neutron emission)
β (β decay)

40Mg

質量数40
中性子数28
relative atomic mass
40.053194 ± 0.000537 Da
g因子
0
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量0
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日2007
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

41Mg

質量数41
中性子数29
relative atomic mass
41.062373 ± 0.000537 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
Magnesium crystals

歴史

発見者または発明者Sir Humphrey Davy
発見場所England
発見日または発明日1808
語源From Magnesia ancient city in district of Thessaly, Greece.
発音mag-NEE-zih-em (英語)

起源

天然存在比
地殻中における存在比
23,300 mg/kg
天然存在比 (海洋)
1,290 mg/L
天然存在比 (人体)
0.027 %
天然存在比 (流星物質)
12 %
天然存在比 (太陽)
0.07 %
宇宙空間における存在比
0.06 %

Nuclear Screening Constants

1s0.3911
2p4.1742
2s4.608
3s8.6925