ヨウ素

ヨウ素 (I)

原子番号53の元素
原子番号53
原子量126.90447
質量数127
17
周期5
ブロックp
陽子53 p+
中性子74 n0
電子53 e-
Animated ボーアの原子模型 of I (ヨウ素)

物性

原子半径
140 pm
モル体積
共有結合半径
133 pm
Metallic Radius
イオン半径
220 pm
Crystal Radius
206 pm
ファンデルワールス半径
198 pm
密度
4.933 g/cm³
化学元素の原子半径: ヨウ素0102030405060708090100110120130140150160170180190200pm原子半径共有結合半径Metallic Radiusファンデルワールス半径

化学的性質

エネルギー
プロトン親和力
608.2 kJ/mol
電子親和力
3.0590368 eV/particle
イオン化エネルギー
10.45126 eV/particle
イオン化エネルギー of I (ヨウ素)
蒸発熱
41.95 kJ/mol
融解熱
15.52 kJ/mol
生成熱
106.757 kJ/mol
電子
電子殻2, 8, 18, 18, 7
ボーアの原子模型: I (ヨウ素)
価電子7
ルイス構造式: I (ヨウ素)
電子配置[Kr] 4d10 5s2 5p5
1s2 2s2 2p6 3s2 3p6 4s2 3d10 4p6 4d10 5s2 5p5
Enhanced ボーアの原子模型 of I (ヨウ素)
Orbital Diagram of I (ヨウ素)
酸化数-1, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
電気陰性度
2.66
Electrophilicity Index
3.0864889135126865 eV/particle
fundamental state of matter
三態固体
気相
沸点
457.55 K
融点
386.85 K
critical pressure
臨界温度
819.15 K
三重点
386.75 K
12.11 kPa
見た目
灰白色
見た目lustrous metallic gray, violet as a gas
屈折率
材料特性
熱伝導率
熱膨張
molar heat capacity
54.43 J/(mol K)
熱容量
0.214 J/(g⋅K)
比熱比
electrical properties
typeInsulator
電気伝導率
0.0000000000001 MS/m
電気抵抗率
10,000,000 m Ω
超伝導
磁性
typediamagnetic
磁化率 (Mass)
-0.0000000045 m³/Kg
磁化率 (Molar)
-0.00000000114 m³/mol
磁化率 (Volume)
-0.0000222
磁気秩序
キュリー温度
ネール温度
構造
結晶構造底心 斜方晶系 (ORC)
格子定数
7.72 Å
Lattice Anglesπ/2, π/2, π/2
材料の機械的性質
硬さ
圧縮率
7.7 GPa
剛性率
ヤング率
ポアソン比
音速
分類
カテゴリハロゲン, Halogens
CAS GroupVIIB
IUPAC GroupVIIA
Glawe Number99
Mendeleev Number109
Pettifor Number97
Geochemical Classsemi-volatile
Goldschmidt classificationlitophile

それ以外

Gas Basicity
583.5 kJ/mol
分極率
32.9 ± 1.3 a₀
C6 Dispersion Coefficient
385 a₀
allotropeDiiodine
反応断面積
6.3
Neutron Mass Absorption
0.0018
量子数2P3/2
空間群64 (Cmca)

ヨウ素の同位体

安定同位体1
不安定同位体41
Natural Isotopes1

106I

質量数106
中性子数53
relative atomic mass
105.953516 ± 0.000429 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ

崩壊モード放射発散度
α (α emission)

107I

質量数107
中性子数54
relative atomic mass
106.946935 ± 0.000322 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)

108I

質量数108
中性子数55
relative atomic mass
107.943348 ± 0.000109 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
26.4 ± 0.8 ms
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1991
パリティ+

崩壊モード放射発散度
α (α emission)99.5%
p (proton emission)0.5%
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)
β+ p (β+-delayed proton emission)

109I

質量数109
中性子数56
relative atomic mass
108.938086022 ± 0.000007223 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
92.8 ± 0.8 us
スピン角運動量1/2
nuclear quadrupole moment
0
発見日または発明日1984
パリティ+

崩壊モード放射発散度
p (proton emission)99.986%
α (α emission)0.014%

110I

質量数110
中性子数57
relative atomic mass
109.935085102 ± 0.000066494 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
664 ± 24 ms
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)83%
α (α emission)17%
β+ p (β+-delayed proton emission)11%
β+α (β+-delayed α emission)1.1%

111I

質量数111
中性子数58
relative atomic mass
110.930269236 ± 0.000005103 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.5 ± 0.2 s
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
α (α emission)0.088%
β+ p (β+-delayed proton emission)

112I

質量数112
中性子数59
relative atomic mass
111.928004548 ± 0.000011 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
3.34 ± 0.08 s
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
α (α emission)0.0012%
β+ p (β+-delayed proton emission)0.88%
β+α (β+-delayed α emission)0.104%

113I

質量数113
中性子数60
relative atomic mass
112.923650062 ± 0.0000086 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
6.6 ± 0.2 s
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
α (α emission)3.31%
β+α (β+-delayed α emission)

114I

質量数114
中性子数61
relative atomic mass
113.9220189 ± 0.0000215 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.01 ± 0.15 s
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1977
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
β+ p (β+-delayed proton emission)
α (α emission)7.7%

115I

質量数115
中性子数62
relative atomic mass
114.918048 ± 0.000031 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
1.3 ± 0.2 m
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1969
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

116I

質量数116
中性子数63
relative atomic mass
115.916885513 ± 0.000080555 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.91 ± 0.15 s
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1976
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

117I

質量数117
中性子数64
relative atomic mass
116.913645649 ± 0.000027437 Da
g因子
1.24 ± 0.08
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.22 ± 0.04 m
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1969
パリティ

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
e+ (positron emission)77%

118I

質量数118
中性子数65
relative atomic mass
117.913074 ± 0.000021213 Da
g因子
1 ± 0.1
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
13.7 ± 0.5 m
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1957
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

119I

質量数119
中性子数66
relative atomic mass
118.91006091 ± 0.000023302 Da
g因子
1.16 ± 0.04
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
19.1 ± 0.4 m
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1954
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
e+ (positron emission)51%
ϵ (electron capture)49%

120I

質量数120
中性子数67
relative atomic mass
119.910093729 ± 0.000016212 Da
g因子
0.615 ± 0.015
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
81.67 ± 0.18 m
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1957
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

121I

質量数121
中性子数68
relative atomic mass
120.907411492 ± 0.00000507 Da
g因子
0.92 ± 0.04
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.12 ± 0.01 h
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1950
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

122I

質量数122
中性子数69
relative atomic mass
121.907590094 ± 0.000005561 Da
g因子
0.94 ± 0.03
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
3.63 ± 0.06 m
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1950
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%
e+ (positron emission)78%
ϵ (electron capture)22%

123I

質量数123
中性子数70
relative atomic mass
122.905589753 ± 0.000003956 Da
g因子
1.1272 ± 0.0028
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
13.2232 ± 0.0015 h
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1949
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

124I

質量数124
中性子数71
relative atomic mass
123.906210297 ± 0.000002467 Da
g因子
0.723 ± 0.002
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
4.176 ± 0.0003 d
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1938
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)100%

125I

質量数125
中性子数72
relative atomic mass
124.90463061 ± 0.000001452 Da
g因子
1.1284 ± 0.002
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
59.392 ± 0.008 d
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
-0.752 ± 0.017
発見日または発明日1947
パリティ+

崩壊モード放射発散度
ϵ (electron capture)100%

126I

質量数126
中性子数73
relative atomic mass
125.905624205 ± 0.000004055 Da
g因子
0.719 ± 0.002
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
12.93 ± 0.05 d
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1938
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)52.7%
β (β decay)47.3%

127I

質量数127
中性子数74
relative atomic mass
126.904472592 ± 0.000003887 Da
g因子
天然存在比
100
放射能安定同位体
半減期Not Radioactive ☢️
スピン角運動量5/2
nuclear quadrupole moment
-0.688 ± 0.01
発見日または発明日1920
パリティ+

128I

質量数128
中性子数75
relative atomic mass
127.905809355 ± 0.000003887 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
24.99 ± 0.02 m
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1934
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)93.1%
β+ (β+ decay; β+ = ϵ + e+)6.9%

129I

質量数129
中性子数76
relative atomic mass
128.904983643 ± 0.000003385 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
16.14 ± 0.12 My
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1951
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

130I

質量数130
中性子数77
relative atomic mass
129.906670168 ± 0.000003385 Da
g因子
0.6698 ± 0.0014
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
12.36 ± 0.01 h
スピン角運動量5
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1938
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

131I

質量数131
中性子数78
relative atomic mass
130.906126375 ± 0.000000649 Da
g因子
0.78228571428571 ± 0.00028571428571429
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
8.0249 ± 0.0006 d
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
-0.34 ± 0.02
発見日または発明日1939
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

132I

質量数132
中性子数79
relative atomic mass
131.907993511 ± 0.000004364 Da
g因子
0.772 ± 0.00175
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.295 ± 0.013 h
スピン角運動量4
nuclear quadrupole moment
0.08 ± 0.01
発見日または発明日1948
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

133I

質量数133
中性子数80
relative atomic mass
132.9078284 ± 0.000006335 Da
g因子
0.816 ± 0.0014285714285714
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
20.83 ± 0.08 h
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
-0.23 ± 0.01
発見日または発明日1940
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

134I

質量数134
中性子数81
relative atomic mass
133.90977566 ± 0.000005213 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
52.5 ± 0.2 m
スピン角運動量4
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1948
パリティ

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

135I

質量数135
中性子数82
relative atomic mass
134.910059355 ± 0.000002211 Da
g因子
0.84 ± 0.00057142857142857
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
6.58 ± 0.03 h
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1940
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

136I

質量数136
中性子数83
relative atomic mass
135.914604693 ± 0.000015231 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
83.4 ± 0.4 s
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1949
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%

137I

質量数137
中性子数84
relative atomic mass
136.918028178 ± 0.000009 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
24.13 ± 0.12 s
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1943
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)7.51%

138I

質量数138
中性子数85
relative atomic mass
137.922726392 ± 0.0000064 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
6.26 ± 0.03 s
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1949
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)5.33%

139I

質量数139
中性子数86
relative atomic mass
138.9264934 ± 0.0000043 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
2.28 ± 0.011 s
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1949
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)9.74%

140I

質量数140
中性子数87
relative atomic mass
139.931715914 ± 0.000013 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
588 ± 10 ms
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1972
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)7.6%
2n (2-neutron emission)

141I

質量数141
中性子数88
relative atomic mass
140.935666081 ± 0.000017 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
420 ± 7 ms
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1974
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)21.2%

142I

質量数142
中性子数89
relative atomic mass
141.941166595 ± 0.0000053 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
235 ± 11 ms
スピン角運動量2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1975
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

143I

質量数143
中性子数90
relative atomic mass
142.945475 ± 0.000215 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
182 ± 8 ms
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1994
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

144I

質量数144
中性子数91
relative atomic mass
143.951336 ± 0.000429 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
94 ± 8 ms
スピン角運動量1
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日1994
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

145I

質量数145
中性子数92
relative atomic mass
144.955845 ± 0.000537 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
89.7 ± 9.3 ms
スピン角運動量7/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2010
パリティ+

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

146I

質量数146
中性子数93
relative atomic mass
145.961846 ± 0.000322 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
94 ± 26 ms
スピン角運動量
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2018
パリティ

崩壊モード放射発散度
β (β decay)100%
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)

147I

質量数147
中性子数94
relative atomic mass
146.966505 ± 0.000322 Da
g因子
天然存在比
放射能☢️ radioactive element
半減期
スピン角運動量3/2
nuclear quadrupole moment
発見日または発明日2018
パリティ-

崩壊モード放射発散度
β (β decay)
β n (β-delayed neutron emission)
2n (2-neutron emission)
Sample of iodine
Iodine-sample
Iodine powder.JPG
Iodine microcrystals.JPG
Iodine'.JPG

歴史

発見者または発明者Bernard Courtois
発見場所France
発見日または発明日1811
語源Greek: iôeides (violet colored).
発音EYE-eh-dine (英語)

起源

天然存在比
地殻中における存在比
0.45 mg/kg
天然存在比 (海洋)
0.06 mg/L
天然存在比 (人体)
0.00002 %
天然存在比 (流星物質)
0.000025 %
天然存在比 (太陽)
宇宙空間における存在比
0.0000001 %

Nuclear Screening Constants

1s1.0609
2p4.1526
2s13.933
3d14.0993
3p18.1586
3s18.2126
4d32.066
4p28.9704
4s27.7028
5p41.3885
5s39.5965